活動報告

平成25年度 人ロボット共生学シンポジウム 報告

平成25年度 人ロボット共生学シンポジウム

人ロボ共生学の近未来に向けて

 

日時:平成26年1月11日(土)~12日(日)

場所:東京大学(本郷キャンパス)

11日(土)福武ホール地下2階(赤門北)アクセス

12日(日)伊藤国際学術研究センター地下2階(赤門南)アクセス

参加費:無料
定員:11日(土)150名 / 12日(日)350名(先着順)

申込方法:盛況のうちに終了しました.ご来場ありがとうございました.

以下に当日の様子と講演資料を掲載しております.

 
 本領域の主催で,平成25年度の人ロボット共生学シンポジウムを開催しました.
 

プログラム:

  • 11日(土) 本領域に参画する研究者らによるポスター発表

12:30-13:00 受付

13:00-13:15 開会の挨拶 三宅なほみ(東京大学・教授)

13:20-16:40 ポスター発表「5年間の研究で見えてきた成果ならびに今後の課題」

A01班

「人と関わるアンドロイドシステム」

松本吉央(産業技術総合研究所)

「アンドロイドを用いた対話のフィールド研究」

脇田優仁(産業技術総合研究所)

「センサネットワークシステムによる小学校理科室のデータ収集および分析」

塩見昌裕(ATR知能ロボティクス研究所)

「ロボットを用いた学習支援のためのHMMによるメンタルモデルの構築」

南泰浩(NTTコミュニケーション科学基礎研究所)

「ロボット・リボイス生成のためのメンタルモデル推定」

堂坂浩二(秋田県立大学)

「グループ会話を盛り上げるロボットの開発」

大武美保子(千葉大学)

「実環境ロボット聴覚に向けたロボットの自己雑音抑圧」

中臺一博(東京工業大学)

「アバタを用いた対人インタラクションシステムの構築」

岩井儀雄(鳥取大学)

「聞き上手な引き込みに基づく身体的インタラクションシステム」

渡邉富夫(岡山県立大学)

 

A02班

「多人数対話におけるロボットの視線行動に基づく発話権と対話場のデザイン」

佐藤良(静岡大学)

「ロボットの感情表出が人の社会的意思決定に与える影響」

寺田和憲(岐阜大学)

「機械の感覚情報を共有することによる効果の検証」

金井祐介(慶応大学)

「ディスカッションロボットのよる覗き込み動作の必要性の検討」

米山和俊(慶応大学)

「ロボットへの親近的興味の背後にあるオキシトシン系の実験的検討」

高橋英之(玉川大学)

「ロボット2体の共同注視が与える引き込み効果の検証」

一條剛志(北海道大学)

「ロボットによる言語的介入によって個人またはグループの知的生産性を

高める試み」小嶋秀樹(宮城大学)

「赤ちゃんはヒトとアンドロイドを見分けられるのか?」

松田剛(東京大学)

「教育用CGエージェントと時間的随伴性:人間型と非人間型エージェントの比較」

イハンジュ(東京大学)

 

A03班

「ロボットが支援する社会的共有調整を通した協調学習」

大島純(静岡大学)

「ロボット・リボイスが学びに与える効果」

白水始(国立教育政策研究所)

「ロボットに大学生のキャリア・カウンセリングが行えるのか?-大学生のグループ・

カウンセリングの事例による検討-」見舘好隆(北九州市立大学)

「教室内で子供たちと対話するロボット」

小松原剛志(ATR知能ロボティクス研究所)

「ロボットによる芸術作品の対話鑑賞法における発想支援」

中山隆弘(東京大学)

「ロボットを活用した協調学習」

中山隆弘(東京大学)

「展示空間における写真上の会話を
利用したロボットガイド」

角康之(公立はこだて未来大学)

「Hakoniwa: ミニチュアモデルを用いた実仮想空間の相互強化」

松村耕平(公立はこだて未来大学)

「ロボットが見守る初心者のためのプログラミング学習環境の開発」

野口孝文(釧路工業高等専門学校)

「サービスロボットのための音声対話技術」

杉浦孔明(情報通信研究機構)

 

13:30-16:40  研究デモンストレーション

13:30-14:40 A03班「ロボットを活用した協調学習」1回目

(中学生の対話型授業にロボットが参加して学びます)

三宅なほみ,中山隆弘(東京大学)

14:45-15:45 A01班「マイクロフォンアレイとレーザ距離センサによる音源定位・データ記録

システム」

石井 Carlos 寿憲,Jani Even,塩見昌裕(ATR知能ロボティクス研究所)

15:30-16:40 A03班「ロボットを活用した協調学習」2回目

17:00-19:00 懇談会

 

  • 12日(日) 人ロボ共生学の近未来に向けて

12:30-13:00 受付

13:00-13:20 オープニング 三宅なほみ(東京大学・教授)・石黒浩(大阪大学・教授)

13:20-17:00 ロボット工学、認知科学、学習科学の知見から

13:20-14:40 「近未来、人とロボットの共生を可能にする技術開発:ロボット工学から」

13:20-13:40 A01班「ロボットを用いた学習支援のための音声対話システムの課題」

南泰浩(NTTコミュニケーション科学基礎研究所・主任研究員)

13:40-14:00 A01班「ロボットにおける音声認識技術」

中臺一博(東京工業大学・連携教授)

14:00-14:20 A01班「顔画像処理」

岩井儀雄(鳥取大学・教授)

14:20-14:40 A01班「センサネットワークシステムによる学校理科室のデータ収集

および分析」

塩見昌裕(国際電気通信基礎技術研究所・研究員)

14:40-14:50 休憩

14:50-15:50 「近未来、人とロボットの共生を可能にする認知科学的知見」

14:50-15:20 A02班「ロボットとの随伴性と対話関係構築」

植田一博(東京大学・教授)

15:20-15:50 A02班「ロボットとの状況の共有から文脈の共有へ」

今井倫太(慶應義塾大学・准教授)

15:50-16:00 休憩

16:00-17:00 「近未来、人とロボットが共生する学びのフィールドを求めて」

16:00-16:30 A03班「遠隔操作型ロボットが活躍できる教室を求めて」

三宅なほみ(東京大学・教授)他

16:30-17:00 A03班「授業外で,ロボットが活躍する学びのフィールドを求めて」

神田崇行(国際電気通信基礎技術研究所・研究員)

17:00-17:30 全体討論「人ロボ共生学の近未来に向けて」

17:30-17:40 閉会の挨拶

 

問合せ:国立大学法人東京大学大学発教育支援コンソーシアム室/株式会社国際電気通信基礎技術研究所知能ロボティクス研究所

contact

主催:文部科学省科学研究費補助金新学術領域「人とロボットの共生による協創社会の創成」

※本シンポジウムはMEXT科研費(21118001)の助成を受けたものです

 


過去のシンポジウムについて
平成24年度 第1回人ロボット共生学シンポジウム 報告
第2回人ロボット共生学シンポジウム
第1回人ロボット共生学シンポジウム

[ページ先頭へ戻る]