研究組織

領域推進方針

総括班では,主に以下の3つの活動を推進し,領域の国際的なプロモーションを行い,国際的に認知される人ロボット共生学の確立を目指していきます.

  • 共同実証実験の企画
    研究成果を統合・確認する場として,各班での知見を結集して統合システムを構築し,共同実証実験を行っていきます.また,この実証実験運営を共通目標として,定期的に総括班だけでなく,各研究項目ごとに班内会議や班間連携会議を開催していきます.
  • 人ロボット共生ワークショップの開催
    研究成果に関するワークショップを,規模の大きい国際会議に併設して開催し,各班の研究成果や共同実証実験の成果を公表していきます.また,共生型ロボットについて研究を進める世界の研究者を招いて,研究開発に関する議論を展開していきます.
  • 人ロボット共生学シンポジウムの開催と領域運営評価
    人とロボットとの共生という,これまでになかった未来の状況を扱うためには,将来の共生型ロボットの応用範囲を漏れが無いように捉える必要があります.そこで,哲学や経済学など幅広い研究分野や企業からの専門家を招いたシンポジウムを開催していきます.また,シンポジウムだけでなく評価者を交えた領域運営評価を行い,研究内容や体制を随時見直していきます.


総括班構成メンバー

氏名(所属・職名) 専門 役割
研究代表者:
三宅なほみ(東京大学・教授) 学習科学 領域の総括,A03計画研究の班代表
研究分担者:
石黒浩(大阪大学・教授) 知能ロボット学 研究方針策定,企画調整担当
大島純(静岡大学・教授) 学習科学 研究方針策定,企画調整担当
萩田紀博(国際電気通信基礎技術研究所・所長) 情報学 A01-2代表,A01班代表
松本吉央(産業技術総合研究所・研究グループ長) 知能ロボット学 A01-1代表,ワークショップ企画
前田英作(NTTコミュニケーション科学基礎研究所・部長) 情報学 A01-3代表,シンポジウム企画
板倉昭二(京都大学・教授) 認知科学 A02-1代表,A02班代表
今井倫太(慶応大学・准教授) 認知科学 A02-2代表,ワークショップ企画
宮下敬宏(国際電気通信基礎技術研究所・室長) ロボット工学 A03-2代表,ワークショップ企画
白水始(中京大学・准教授) 学習科学 シンポジウム企画
神田崇行(国際電気通信基礎技術研究所・主任研究員) 情報学 広報・連絡・事務担当

[ページ先頭へ戻る]